沿革

 

あいざわアセットマネジメントの前身全ての源流は、チューダー・キャピタル・ジャパン・リミテッド(1999年設立)でした。 

ソロモン・スミス・バーニー証券における自己勘定の共同統轄者であった創設者らが2002年にMBOを実施して独立、
国内独立系投資顧問会社として、あすかアセットマネジメントをスタートさせました。
また、あすかアセットからプライベート投資などに特化すべく派生した会社があけぼの投資顧問となり、再び合流しました。 

チューダー・キャピタル・ジャパン・リミテッド 
ポール・チューダー・ジョーンズ氏が設立した米国大手投資顧問会社であるチューダー・インベストメント・コーポレーションの日本拠点 

 


あすかアセッマネジメント


あけぼの投信顧問


1999年2月   チューダー・キャピタル・ジャパン・リミテッド株式会社設立


2002年7月   あすかアセットマネジメントリミテッド設立   


2004年10月   マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社設立 


2005年3月   あすかコーポレイトアドバイザリー株式会社設立 


2005年10月   株式会社あすかDBJパートナーズ設立
             三井物産あすかインベストメンツ株式会社設立 


2008年12月   三井物産あすかインベストメンツ株式会社から社名をあすか
             コモディティインベストメンツ株式会社へ変更 


2009年11月   あすかアセットマネジメントリミテッド、日本法人へ移行後
          社名をあすかアセットマネジメント株式会社へ変更


2011年2月    マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社が
         あすかコモディティインベストメンツ株式会社を吸収合併


2012年8月



アストマックス株式会社がマネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社を子会社化


2012年10月



マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社とアトマックス株式会社の投資顧問部門が事業統合してアトマックス投資顧問株式会社に


2013年4月



アトマックス投資顧問株式会社がITCインベストメント・パートナーズ株式会社と経営統合してアトマックス投信投資顧問株式会社に


2014年7月   ストームハーバーと業務・資本提携 


 


2015年6月



アトマックス株式会社、Cornwall Capital Management LPによりあけぼの投資顧問株式会社が設立


2017年2月



セカンダリー戦略ファンド、Ariake Secondary Fund l LPと投資一任契約締結


2018年6月   ストームハーバーとの業務・資本提携解消 


 


2019年10月



セカンダリー戦略ファンド、Ariake Secondary Fund ll LPの設定


 



ターゲット投資ファンド、Ariake-T1投資事業有限責任組合の設定


2019年11月   株式会社フレイ・トラストの株式を取得、100%子会社化


 


2020年1月   あすかアセットマネジメント株式会社と
              あけぼの投資顧問株式会社と資本提携


 


2020年6月   藍澤證券株式会社の100%子会社となる


 


2020年12月  



藍澤證券株式が社の子会社となる。


2021年2月    あすかアセットマネジメント株式会社と
           あけぼの投資顧問株式会社が合併し、
              商号をあいざわアセットマネジメント株式会社に変更